読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シモカワノニッキ

あたまの中がカユいんだ。

近所の蕎麦屋の話。

会社の近所によく行くチェーンの蕎麦屋さんがあるのだけど

そこにいるメガネをかけたプーさんみたいな体型の店長が最近そっけない。

 

前は「ごちそうさまー!」というと「ありがとうございました」と嫌々返してくれてたのに最近シカトされる…。他の人にはちゃんと挨拶してるのに。

 

なんで嫌われちゃったんだろうと考えてたんだけどそうじゃなくてこれはアレだ。

 

オレのこと彼女的な存在だと思ってんだな。

「オレの女には挨拶しねーよ。黙って蕎麦でも食ってろ!……ネギ多めに入れといたからよ」

みたいなね。彼女には三歩後ろを歩いていてほしい昔気質の人なのかも知れない。

 

ちなみにその店はネギ入れ放題です。ネギ多めか少なめかそれは自分で決めるのです。

そして恐らくオレのネギの投入量と店長の態度に因果関係があるのです。

 

松浦弥太郎さんのベーシックノートを読んでるんだけど、だんだん説教をされてるような感覚になって悲しくなってきています。

 

シモカワ