読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シモカワノニッキ

あたまの中がカユいんだ。

相談されるのが苦手な話。

昔から「悩み事の相談にのる」というのがどうにも苦手だ。

 

大まかに人の悩みとは2つに分類することができる。

【A】どうしたいか自分の中で決まっていて背中を押してもらいたいパターン

【B】どうしたらいいか、どうすればいいのか本人もわかっていないパターン

パターンAの場合話は比較的簡単な場合が多い。例を出そう。

 

「あのね、今日のお昼なんだけどトンカツを食べようかラーメンを食べようか迷ってるの。どっちがいいと思う?トンカツは3丁目の角にあるお店なんだけどそこのロースカツ定食が絶品なの!ロースだからやっぱりこってりしてるんだけどペロッと食べられちゃう!あれは油の切り方がいいのねきっと。熟練の技だと思うな!あとソースも自家製でおいしいのよ〜。甘さが上品だからあれはたぶん柑橘系の何かを入れてるのね間違いないわ。あと辛子もおいしいのよねーあれ絶対チューブじゃないわ。なんか裏でゴシゴシするやつで擦ってるわ。こういう細かいところにこだわるのがいい飲食店の証拠よねー。あ!トンカツってどこから食べる?やっぱり真ん中?そうなんだー!わたしは端っこのあの衣ばっかりのところも結構好きだったりするな。子供の頃あのトンカツの端っこだけを集めたスナック菓子があればいいと思わなかった?あ、思わないか。ちなみにもう一個の候補の1丁目のラーメン屋はスープがぬるくてイマイチなの。

 

ねぇ、ランチはどっちのお店がいいかな?」

 

こういう場合話が早い。すみやかにラーメン屋に行けばよい。

 

問題はパターンBである。

どんな言葉をかけてあげればいいのかまったくわからないことが多い。

こういうときにカッコいい言い回しでキメようとするのが一番サイアクで、

”悩みを聞いている自分”に陶酔してしまうパターンが多いのではないかしら。

そして、言葉を紡げずにしどろもどろしていると例のセリフが飛んでくる。

 

「コピーライターのくせに」

 

でたー!!

 

結局こういう場合「とりあえず飲みに行こう!」みたいに言うことが多い。

そんで「悩みは解決しなかったけど話してたら気が楽になった」とか言われるとうれしかったりするわよね。いいのかわからないけれど。

しかし志茂田景樹さんとかすごいよなぁ。

人生で積み重ねたページ数と1ページ毎の重さが違うんだろうな。

 

 

「ロブスター」を観た。

コリンファレルってあんなに老けてたっけ?と思った。

オレは動物に変えられるならマレー熊がいいです。

 

シモカワ